FXに関する税金・確定申告について

確定申告とは?

FX取引で利益を得て、その利益について税金がかかることは、恐らく多くの方がなんとなくでも理解できているのではないでしょうか。しかし、具体的な話になると、「よく分かっている人」と「あまり分からない人」に大きく分かれます。FX取引にかかる税金は、サラリーマンなどの会社に所属する給与のように、自動的に控除(天引き)されたりしません。

そのため、自分でかかる税金を計算して確定させ、申告する必要があります。これが「確定申告」です。確定申告というと、自営業・フリーランスなどの人が行うもの、または高い医療費を払った人や家を建てた人が行うもの、という認識がありますが、投資において得た利益について納税が必要な場合、確定申告を行って納税額を確定する必要があるのです。

なお、年間の差益(利益-損益のトータル)が20万円を越える場合、漏れなく確定申告をしなければいけません。その確定申告ですが、基本的には条件に当たる場合はその年ごと行わなくてはなりません。つまり毎年20万円以上の差益を得ている人は、毎年確定申告をしなければならないわけです。そして、確定申告では毎年1月1日から12月31日までが範囲となっており、その利益を計算して、申告書を作成します。

その申告書を納税書に提出することで、納付する所得税額などが決まるわけです。ですから、ものすごい利益が出たからと言って、パッと全て使ってはいけません。翌年、その得た利益に対して、納税をしなければいけないのですから、納付請求が送付されてきてから困った・・・なんてことのないよう、利益は長期的視野で使うべきだと言えます。確定申告の詳細についてはここでは省きますが、詳細は国税庁のウェブサイトに全て掲載されています。

また、最近は「イータックス」という、インターネット上で確定申告のできるシステムも一般的になってきていますので、いちいち書類を提出に税務署へ足を運びたくないという人は、こちらを利用するのも良いかも知れません。ちなみに、年間差益が20万円未満でも確定申告を行うことはできます。単に「義務ではない」だけの話ですから、納税することを選択しても良いわけです。

なお、この確定申告を放置しておくと、国税局・税務署から「申告漏れ」の通知が送られてきます。この段階では「確定申告をうっかり忘れていた」レベルですが、これをさらに放置しておくと、脱税となります。国税局・税務署は、近年、特にインターネットにおける投資(FX取引だけでなく、株式、先物など)の監視を強化する傾向にあります。この法の眼からは逃れることはできませんので、必ず確定申告を行い、税金を納付しましょう。

FXの税金と確定申告の関係は?

さて、FXの利益にかかる税金額を確定させるのが確定申告ですが、実際にはどれくらいの税金を支払わなければならないのでしょうか? 実は、FXの税率は決まっていて「年間差益の20.315%」という形になっています。その内訳は「所得税 15%」「復興特別所得税 0.315%」「住民税 5%」の合算となっています。

この税額は、実は改正後の税率で、以前は「総合課税」という形で所得によって税率が変化していました。簡単に言えば、沢山の利益を得た人ほど、沢山納税すると言う形になっていたのです。その税率は最高50%(1800万円超の場合)ですから、半分納税というのはとても大変です。しかし、2012年1月以降は「申告分離課税」という制度が全てのFX取引に適用されるようになり、上記のように一律の税率になっていました。

2012年1月以前も、実は「くりっく365」というFX商品で取引することで、申告分離課税で納税することができるようになっていました。しかし、2012年1月以降は、FX取引であれば全て申告分離課税ということで一律の税額になったわけです。それでは、利益が出たら、いざ確定申告!といきたい所ですが、初めての場合、なかなか上手く書類等を作成出来るか不安な部分もあるかもしれません。

インターネット上で確定申告のできるイータックスもありますが、入力をミスしたらどうしよう・・・と不安に感じる人も多いと思います。そういった心配は基本的にしなくても大丈夫です。記載・入力に間違いがあっても、罰せられることはありません。むしろ積極的に納税しようというのですから、国税局・税務署は丁寧に指導してくれます。

もし、不安に思うことがあれば、最寄りの税務署に足を運んでみれば、必ず相談窓口があり、分かりやすく色々な事を教えてくれますし、質問や相談に応えてくれることでしょう。何よりも大切なことは、とにかく納税の意思を見せること。そのために確定申告は、決して避けては通れない道です。逆に、一度できてしまえば、翌年からは確定申告を意識した取引ができるようになります。まずはやってみること。

実際には、拍子抜けするほど簡単に終わるほどの難易度です。しっかり確定申告・納税して、綺麗な(?)身体で投資に挑みましょう。

FXの税金と確定申告の関係は?

さて、FXの利益にかかる税金額を確定させるのが確定申告ですが、実際にはどれくらいの税金を支払わなければならないのでしょうか? 実は、FXの税率は決まっていて「年間差益の20.315%」という形になっています。その内訳は「所得税 15%」「復興特別所得税 0.315%」「住民税 5%」の合算となっています。

この税額は、実は改正後の税率で、以前は「総合課税」という形で所得によって税率が変化していました。簡単に言えば、沢山の利益を得た人ほど、沢山納税すると言う形になっていたのです。その税率は最高50%(1800万円超の場合)ですから、半分納税というのはとても大変です。しかし、2012年1月以降は「申告分離課税」という制度が全てのFX取引に適用されるようになり、上記のように一律の税率になっていました。

2012年1月以前も、実は「くりっく365」というFX商品で取引することで、申告分離課税で納税することができるようになっていました。しかし、2012年1月以降は、FX取引であれば全て申告分離課税ということで一律の税額になったわけです。それでは、利益が出たら、いざ確定申告!といきたい所ですが、初めての場合、なかなか上手く書類等を作成出来るか不安な部分もあるかもしれません。

インターネット上で確定申告のできるイータックスもありますが、入力をミスしたらどうしよう・・・と不安に感じる人も多いと思います。そういった心配は基本的にしなくても大丈夫です。記載・入力に間違いがあっても、罰せられることはありません。むしろ積極的に納税しようというのですから、国税局・税務署は丁寧に指導してくれます。

もし、不安に思うことがあれば、最寄りの税務署に足を運んでみれば、必ず相談窓口があり、分かりやすく色々な事を教えてくれますし、質問や相談に応えてくれることでしょう。何よりも大切なことは、とにかく納税の意思を見せること。そのために確定申告は、決して避けては通れない道です。逆に、一度できてしまえば、翌年からは確定申告を意識した取引ができるようになります。まずはやってみること。

実際には、拍子抜けするほど簡単に終わるほどの難易度です。しっかり確定申告・納税して、綺麗な(?)身体で投資に挑みましょう。

新着の書き込み by FXコミュニティ広場

ハナモゲラ

FOMCですね(3)

NEW
→たこ某さん
NEW
→ 子猫さん
NEW
→冬至さん
幸三

エボラが日本にきたら?(5)

NEW
→幸三さん
NEW
→焼け野原さん
NEW
→トマト大好きさん
コバンザメ

冬時間になると何が変るのですか?(2)

NEW
→チャーティストさん
NEW
→アラサーちゃんさん
子猫

消費増税を中止した場合ドル円は下がる?(7)

NEW
→岩盤太郎さん
NEW
→FXテクノロジー好きさん
NEW
→ファンダメンタルズマニアさん
 新興国大好き

ブラジルレアル今買ったら危ない?(2)

NEW
→光明さん
NEW
→ファンダメンタルズマニアさん
穂の字

原則固定スプレッドってどーいう意味?(2)

NEW
→ファンダさん
NEW
→しすとれ至難さん
早苗
はじめ

レイ・ダリオってそんなに凄い人なの?(2)

NEW
→チャーティストさん
NEW
→ファンダメンタルズマニアさん
常盤

ハロウィンエフェクトは今年も生きている?(2)

NEW
→ユーロトレーダーさん
NEW
→日和見トレーダーさん
すきゃる小僧

米国の中間選挙は為替にどう影響するのでしょうか?(5)

NEW
→選挙ステーションさん
NEW
→藤吉郎さん
NEW
→ファンダメンタルズマニアさん

質の高いアフィリエイトの構築はPALMGATEにお任せください